高槻市の脳神経外科、脳神経内科|脳梗塞・MRI・人間ドック

〒569-1024
大阪府高槻市寺谷町38-15

072-687-6700

メニュー

当院の特色

  • HOME
  • 当院の特色

MRIによる頭部人間ドック

当診療所におきましては、従来のレントゲンを用いたCTスキャンと比べてレントゲンによる放射線量が少なく、安全且つ、より精密な画像診断が可能なMRI(磁気共鳴式全身断層撮影装置)を設置し、頭部を始め全身の精密検査が随時可能であります。又、脳腫瘍・脳卒中を予防するMRIによる頭部の人間ドッグも合わせて実施しております。

脳梗塞リスクマーカー検査

脳梗塞リスクマーカー検査とは血液検査で”かくれ脳梗塞(無症候性脳梗塞)”の可能性を探る新しい検査です。

検査の特徴

検査は採血するだけです。 脳梗塞で細胞が傷つくと血液内で高くなる物質などを測定します。この結果から85%のかくれ脳梗塞が検出できるとされています。かくれ脳梗塞の可能性が高い場合は脳の精密検査をお勧めします。

こんな方にオススメです

  • 脳の健康が気になる方
  • 50歳を過ぎた方
  • 血圧が高めの方
  • 脂質異常症
  • 糖尿病などの方
  • 喫煙される方

検査の流れ

1.受診・問診 ⇒ 2.採血 ⇒ 3.検査結果通知
検査をご希望される方はお気軽にお問い合わせください。

早期認知症リスクマーカー検査

早期認知症リスクマーカー検査とはMRI撮影や脳波、血液検査などで早期認知症を診断する新しい検査です。

検査の特徴

  • MRI → 特別な撮影方法で海馬の萎縮の程度を画像解析します。
  • 脳波 → 脳の器質、機能的な評価をします。
  • 採血(準備中) → 早期認知症のリスクを段階的に分けて診断します。

こんな方にオススメです

  • 物忘れが気になる方
  • ご家族から変化を指摘されている方
  • 生活習慣病の多い方
  • 50歳以上の方